blogスタッフブログ

2019年03月11日(月)

「通過点」と「終着点」

みなさんこんにちは!あいこです

毎週月曜日はあいこの日!本日43回目の更新です!!

 

本日は「通過点」と「終着点」のお話

 

ダンスを先生やリーダーさんと踊っている時に

自分の中のちょっと苦手なフィガーがあって、

その部分はちょっと意識を強めながら踊り

「できた…!!」(または「失敗した!!」)

と思っているうちに、今度は次のステップで失敗した

ああ〜〜油断した

という経験。皆さんにはありませんか?

私はよくあります。笑

 

この感覚ってなかなかな強敵ですよね

 

男性のリードに対して女性の仕事はフォローすることなので、

相手の体の動きや移動に、常に意識を置いて、

相手がリードを切らすまで緊張感を切らさない。のが

女性は特に特に、とってもとっても大事!だと思うんです

 

社交ダンスは特に「相手と踊るダンス」というのが

他のダンスとの大きな違いだと思うので

意識の比重も、他のダンスをしている時とはだいぶ違って

ほとんど相手に依存した感覚を持ち合わせます

 

ここで問題になってくるのが先ほどの「油断」。

「あ〜〜できた!」と思った瞬間、

意識がなくなり相手からの情報をシャットダウン!!

…これが失敗の原因ですね。

まだまだリードは立て続けに来ていたのに、、

見逃した〜!!と、今まで失敗の心当たりがいっぱいあります。。笑

 

 

「ポジション変化」という秒数にすると1秒にも満たない瞬間にも同じことが言えます。

「変化」するということは「点」と「点」だけじゃなくてそこを結ぶ「線」が存在しますよね

ひとつのポジションからポジションへの移り変わりです。

 

変化後の「点」を、「終着点」としてしまうと、

ポジションが変わったらおしまい、

回転し終わったらおしまい、

ピクチャーで、背中を大きく反らせたらおしまい!

 

…だけど、その次は??

という次へ繋がらない動きになってしまいます。

 

ひとつのポーズからポーズへの移り変わる瞬間。

ポーズからまた他のステップに移動するまでの過程。。などなど

 

ダンスは常に「終着点」ではなく

常に自分の意識や動きを更新し続ける「通過点」でないといけないと思って

いつもよくよ〜〜く、意識をしながら踊っています💃

 

「このダンサーさん、上手だな〜!!」と思うわたし的チェックポイントは

点を結ぶ「線」がいかに細かくて濃く詰まっているか。

隙がない、とはこのことだよな〜、と思うんです

 

「通過点」であって「終着点」ではない。

ダンスだけじゃなくて、色んなことに言えることかもしれませんね!!

おお〜〜!? 私、良いこと言いました??(なんちゃって)

 

 

それでは本日はこのへんで!

今週もパリッと元気に頑張りましょうわんわん!!

 

スタッフブログ一覧

CONTACT

無料体験レッスンのお申込み、
お問合せはこちら!