ジェイズダンスアカデミー

東京都大田区・豊島区の社交ダンススクール

認知症と社交ダンスの奇跡

みなさんこんにちは!佐藤愛子です
毎週月曜日はあいこの日!本日172回目の更新です

12月も半ばに差し掛かり、年の瀬を感じております。
生徒様とも次回レッスンのスケジュールを合わせながらもう話題は年末年始。。。あっという間にお正月がやってきて、また来年はあっという間に夏がやってきて、年を越して、、、🎍笑



さて今日は私の祖母の話題から
(以前も一度、ブログに登場したことがあったかな?)

母方の祖母、若い頃から社交ダンス(当時は”ラウンドダンス”と呼んでいたそうなのですが、社交ダンスとは違うのかな??)をやっていて、私が部活で社交ダンスを始めるよりはるかに先輩です。笑

地元のサークルでお世話になり、温かい先生と、温かいお仲間にお世話になっておりました。
昨年より膠原病を患ってからは、ダンススタジオより病院に通い、、
コロナの影響もあり入院中は面会もできない時期もあったところから、認知症が少し進んでしまい、今は生活をする上でちょっとした介護やサポートが必要なくらいです。
今年はきっと祖母にとっては、きっと苦労の年だったと思います

祖母と私は「社交ダンス」が共通の趣味なので
先日祖母に会った時、母の薦めでダンスを踊ってみました。

場所は自宅。笑
ご飯用のテーブルを隅に押しやって、ほんの少しのスペースを使って、ルンバに挑戦

するとビックリ

さっきまでおぼつかない足元だった祖母が
片足でシャキッと立ち、スムーズにステップを踏みはじめるのです

力強いリード
(祖母は背が高いのでずっと男性役をやっています。)
そして
フィガーの組み合わせを私が口頭で伝えると、そのまま踊れちゃう

おばあちゃん!踊れるじゃん!!と、家族中でビックリして、そして嬉しくて、なんだかとてもいい時間に感じました

身体で覚えて、染み付かせたことってずっと残るみたいですね。
社交ダンスの習得ってものすごい財産なんだと、改めて実感した瞬間でした。

祖母も踊れたことが嬉しかったようで、
息を切らしながら「今日はぐっすり眠れるぞ!」と言って
ちょっと自信が持てたように見えたのも
私にとって嬉しい瞬間でした

 

楽しみがあること、共有できるお仲間と、支えてくれる先生がいること。
どんなに大切かを感じられるエピソードでした

私も先生として社交ダンスそのものも、ダンスの環境も、生徒様にとって整えられる先生になりたいです

それでは本日はこれにて〜


ブログの内容でこんなことを聞いてみたい!
日頃の悩み!今回の内容に質問!
等、ご質問どしどしお待ちしております。
HPのお問い合わせはこちら
https://www.js-dance.com/contact/

成田・佐藤組インスタグラム設立しました
定期更新しますので是非覗いてみてください
https://www.instagram.com/manabu.aico_ballroomdance/


社交ダンス初心者様へ
社交ダンスをはじめるなら
ジェイズダンスへ

東京・品川区・大田区は
ジェイズダンスアカデミー大森スタジオ
東京・豊島区・文京区は
ジェイズダンスアカデミー駒込スタジオ

体験レッスンのご予約
↓お問い合わせはこちら↓
https://www.js-dance.com/contact/

About The Author

佐藤愛子
踊ることが何よりも好き!
社交ダンスに教師として日々携わりながら、その魅力に取り憑かれた大ファンでもあります。
レッスンは私自身も楽しいです!生徒様のスキル向上へ全力で向き合い社交ダンスの楽しさを広めていきたいです。
体験レッスンのお申し込みはこちら

体験レッスンのお申し込みはこちら

手ぶらで参加OKの無料体験レッスンで、

社交ダンスをぜひご体験ください。

お気に入りの音楽や気の合う講師を探しながら
社交ダンスの扉をたたいてみませんか?

Follow us!