ジェイズダンスアカデミー

東京都大田区・豊島区の社交ダンススクール

『重い』ときの解決策

みなさんこんにちは!佐藤愛子です
毎週月曜日はあいこの日、本日133回目の更新です

春が来た〜〜〜〜!!!?
と、ワクワクしますが
同時に気になるのが花粉…?

今は耳栓ならぬ鼻栓のような花粉予防があるそうですが
マスク時代(?)ならではの発想ですよね

さて今日もあいこのダンス談義です

テーマは『重い』と言われる意味について

生徒様からよく聞くフレーズ。
(もはやシリーズ化できそうな勢いですね
『重い』
男性にも女性にも言われることの多い言葉ですね

ブログを読んでいる皆様もパートナーに言われたことがありますか?
私も山ほど経験しました。

重いって言われると結構ショックなんですよね。。
そんなに太ってないわよ!失礼な…。なんて。。。

実は私、苦い思い出もあいまって
このフレーズを言うのも言われるのも(言われているのを聴くのも)結構嫌いなのです

なぜなら『重い』にも『種類があるから』
「重い」ってすごく抽象的で誤解を生みやすいキーワードなんです

大事なのは、「どう(どこが)」重いのか。
(今更ですが、細かいですね。私。)

言葉に惑わされず、対処できれば、きっとレッスンがもっと捗るはず!
参考にしてみてください♡

わかりやすく例えます。

①単純に力んでいるのか
②パートナーと力のベクトルが合わないのか

この2つでも、原因や対処が全く異なります。

でも口から出る『重い』という言葉で
一括りにまとまってしまうのですよね

『重い』と言われた方の一般的な対処法は
①相手に関わる力を減らし
②最大限に力を抜き
③ふわふわ浮いたように踊る

という方がほとんどのようですが、、
これでは根本的な解決にはなっていません。

相手と関わることをやめてしまったら
「2人で踊るダンス」という社交ダンスの特性が活きないからです。

新しい私の解決策としては
①自立して踊れているかを考える
相手に寄りかかっていませんか?

②重心をかける方向を見直す
進行方向の間違いをしていませんか?

③タイミング(数えているカウント)を見直す
同じステップでも「123&」と「12&3」では全然違いますよ!

上記3つが解決するだけで
『不一致』から生まれる『重い』という感覚が解決出来るかもしれません

パートナー(リーダー)のそれぞれの仕事をしながら
『やらない方に』『迷惑かけない方に』ではなく
『できる方に』『伸び伸び踊れる方に』フォーカスして考えてみてください

ご自身のパフォーマンスや身体能力が最大限まで活かせるはずです

 

ダンスの話するとつい長くなっちゃいます。ごめんなさい

最後までお読みいただきありがとうございました
また来週〜〜〜〜〜

About The Author

佐藤愛子
踊ることが何よりも好き!
社交ダンスに教師として日々携わりながら、その魅力に取り憑かれた大ファンでもあります。
レッスンは私自身も楽しいです!生徒様のスキル向上へ全力で向き合い社交ダンスの楽しさを広めていきたいです。
体験レッスンのお申し込みはこちら

体験レッスンのお申し込みはこちら

手ぶらで参加OKの無料体験レッスンで、

社交ダンスをぜひご体験ください。

お気に入りの音楽や気の合う講師を探しながら
社交ダンスの扉をたたいてみませんか?

Follow us!